mixade

2011/11/20

謎解きはメガネのあとで – Void

Filed under: Adventure — タグ: , , — damao @ 23:30

IGF Chinaでテクニカル部門と最優秀生徒作品に選ばれたVoidを遊んでみました。
ディメンションリップというマジックハンドで過去と現在を結んで、洋館を探索していくアドベンチャーです、パズルは簡単で、戦闘はありません。
荒廃前と後とをグラス越しに見比べれるアイデアが面白く、使い勝手の悪そうな間取りだとは思いつつ進めていき、終わりにはしっとりとした品のいいEDも用意されていて、短いながらも充実のプレイとなりました。

Voidは、2010年シンガーポールにあるDigiPen-Ubisoft Campusで作られた作品で、以前に紹介したTerra The Legend Of The Geochineと同じです。
良質ゲームを連発するDigiPen シンガポールで一体なにが起こっているのか、これからも注目したいです。


通れない


メガネで確認


ディメンションリップ!

IGF China 2011 Winners
Void

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。